信州理研ロゴ
 
トップページ > 松本支部> 活動報告 
 
活動報告
松本活動報告 >> 記事詳細

2017/08/01new

講演会(プロジェクト)委員会を開催しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 松本支部会員
西畠清順氏による講演会プロジェクトについて話し合いました

松本大会2日目に「現代のプラントハンター 西畠清順氏」が
来場されることが、理研会員以外にも広がりつつあります。
そのことを知って、改めて西畠氏が出演のTV番組を再視聴したり、
西畠清順氏の著書を買い求めたりと期待感が高まっているようです。


この日の委員会では、「植物の魅力って何だろう」
「松本市や長野県にも巨木があるだろう」
「盲学校の子たちは視覚以外の感覚を駆使して植物に触れていく」
「五感を通して植物に触れよう」・・・・
講演会の形をどうするか?・・・よりも手前の「植物の持つ力や魅力、可能性って何だろう?」などなど
多岐にわたって話し合いがなされました。

ところで松本市の白骨温泉郷周辺の道沿いには、
主幹が折れて周囲の脇芽(ひこばえ)が育って「立派な株立ち」になった「桂の巨木」があちこちに生えています。
この「株立ち桂の巨木群」は、あまり知られていないのかも知れませんが、
その巨大さは、壮観です。
まさに「トトロの木」です。
そんなことも話題になった講演会委員会でした。
21:19 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)